前へ
次へ

花粉を持って花粉症を治療する医療技術

インフルエンザを予防するためにインフルエンザのワクチンを注射することがあります。ワクチンと聞くとインフルエンザのウィルスを撃退してくれるもののように感じますが、実際はウィルスを取り入れる注射になります。ウィルスを取り入れると体に抗体ができ、実際にウィルスが入ってきたときに排除しやすくなります。ワクチンで使われるウィルスは無毒化されているので感染はしませんが、注射後に熱っぽく感じたりすることがあります。医療技術においては色々な方法があり驚かされますが、実は花粉症においても花粉を体に取り込む方法が取り入れられています。医療機関で利用できる治療方法で、舌下免疫療法が良く知られています。スギ花粉を精製したものを舌の下の部分に滴下して体内に取り込み、花粉に対する抵抗力をつける方法です。花粉が飛散する時期が終わったころに行うと良いとされていて、この治療を行うと翌年は症状がかなり軽減されるようです。何年か続ければさらに改善することができます。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren2set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top