前へ
次へ

家庭で気をつけることを医療機関でも行っている

医療機関、いわゆる病院やクリニックの院内がクリーンな環境であることは、絶対条件です。飛沫感染症を予防するにも大切、家庭内での回避と同じことを医療機関でも清掃スタッフが行い、設備・機器も導入されています。例えば、入院患者が過ごす時間の長い病棟、優先順位として、寝具の手入れ、病室の掃除、ナースステーションの掃除が必要です。寝具のダニを除去、拭き掃除やホコリを舞い上げない業務用掃除機で掃除もします。古くから建つ病院ならば、湿気がこもらないように風通しもよくし、カビが発生しないように乾燥・低温が意識されています。殺菌除去は徹底し、エアコンなどのフィルターもこまめに掃除されているようです。また、入院中の食事、アレルゲンがあるならば、代替食品が用いられます。栄養のバランスに注意が図られます。特に、栄養豊富な食物を制限しなければならないなら、それらを補う食物を摂取させることに努めます。医師や看護師、スタッフの衣服も清潔感があり、身嗜みにまでチェックが入ります。

Page Top